日本フットパス協会

  トップ > フットパスとは


 「フットパス」とは、イギリスを発祥とする『森林や田園地帯、古い街並みなど地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くこと【Foot】ができる小径(こみち)【Path】』のことです。

 イギリスではフットパスが国土を網の目のように縫い、国民は積極的に歩くことを楽しんでいます。
 近年、日本においてもさまざまな地域において、各々の特徴を活かした魅力的なフットパスが整備されてきています。


フットパスの楽しみ方と注意点

楽しみ方
 日本各地においてフットパス整備が進められていますので、まず当HP等で確認し、訪れたい地域を決めます。最初は、ご自宅に近い地域がいいかもしれません。

 次に、歩くときに迷わないよう、フットパスのコースマップを入手します。HPや窓口での案内のほか、書店でマップ等の販売もしています。

 あとは、天気のよい日にマップを持っておでかけし、ゆっくりと気に入ったフットパスを歩き、その地域の魅力を思いっきり楽しむだけです。

 なお、地域によっては、フットパス・ウォークのツアーやイベントを行っているので、そちらに参加してみるのもおすすめです。ガイドスタッフの説明や郷土料理のふるまいなど、より深く地域の魅力に触れることができるはずです。(イベント情報は、当協会のHPでも随時ご紹介していきます。)

注意点
 フットパスは、その地域の「昔からあるありのままの風景」を楽しむ道です。
 その風景は、自然にできあがったものではなく、地域の方々の長年にわたる自然への働きかけや、風土に根ざした伝統的な生活スタイル、土地への愛着などの結果として生み出され、維持・管理されてきたものです。
そのため、地元の方々への感謝の気持ちを持って行動し、道を外れての田畑・樹林・屋敷などへの立ち入りや、ゴミの放置、動植物・山菜・農作物の採取などの行為は、絶対に行わないでください。


フットパス整備によるまちづくり

 発祥の地であるイギリスにおけるフットパス整備は、人々の生活を通して自然発生した小径(こみち)を、たとえそれが私有地の中であっても、一定のルールのもとに、通行する権利を獲得しようという運動が始まりでした。

 一方で、私たち日本のフットパス整備は、まず自らの暮らす地域において、個性豊かに育まれてきた文化・歴史・産業・景観等の資源を、地域の魅力として再認識・調査することからはじめます。
その後、それらの魅力にもっとも触れることのできる小径を探し出し、ルートマップや道標の作成を行います。

 そうすることで日本のフットパスは、観光振興の側面のみならず、整備のプロセスそのものが、地域が自分自身を見つめなおし、自らのよさに誇りを持つとともに、抱える課題に向き合っていく、まちづくりのきっかけとなっています。そして、各地がそのことに気付き、フットパス活動のすそ野は全国に広がってきています。

 実際、多くのフットパスは行政ではなく市民団体により整備・管理されており、地域の魅力の保存・育成および発信のため、環境保全活動、イベント、ツアー企画などが活発に行われています。


みどりのゆびフットパスまつり
「晩秋の小野路…多摩のふるさとを往く」-町田市みどりのゆびフットパスまつり